« 【宣伝よいしょ】カリグラフィー作品展 | トップページ | ケルト ミニ絵2点 »

2013年7月16日 (火)

一角獣展のおみやげ

国立新美術館での「貴婦人と一角獣展」(7月15日まで/終了)に、すべりこみセーフで行ってきましたhappy02

フランス国立クリュニー中世美術館所蔵のタピスリー展。まさかの来日とあちこちで騒がれましたが、写本装飾画をやっている私にとっては絶対にチェックしておきたかったもの。何とか行けて良かった!

いやーー、美しかったです。制作年代うんぬんを超えて、非常に新鮮で魅力的。勉強にもなりました。

で、展覧会と同じくらいにハアハアheart02だったのが、お土産グッズコーナー。書籍といいアクセサリーといいモチーフになっているのが西洋中世美術なわけで、こっこれは写本装飾画資料の宝箱やー!!(動揺)「左の端から右の端まで全種類下さる?ホホホホshine」とスタッフのお姉さんに言ってみたかったです出来るものならば・・・crying

そんな中で下のようなお土産を選んでみました。

2013

もろに資料になりそうな絵葉書セットや、中世の動物イラストが散りばめられたミニファイル。この動物柄は白もあって人気でしたね。カワイイ。

2013_2

このお菓子缶もカワイくて思わずゲット。中身はゴンチャロフのチョコレート。もちろん食べ終わったら何かを入れて使う予定。

今展覧会の記事がメインの「芸術新潮」バックナンバーも買いました。中世美術資料が意外にたっぷり載っていて、自分的に予想外のお買い得品でした。

そうそう、展覧会は有料の音声ガイド聞いてじっくり勉強しながら回りましたが、声担当の一人があの池田秀一氏。タピスリーのモチーフにはこーゆー意味がある、あーゆー意味があると解説してくれるわけですシャアがnote 物識りじゃないか赤い彗星!いやそれはちょっと違う・・・

この展覧会で使われているモチーフの一部がガンダムに関連する、とオタな人が言っていたので、人選したキュレーターさんもわかってやってるんだろうなあ(笑)

だいぶ散財してしまいましたが、幸福な散財でしたheart ほくほく。

« 【宣伝よいしょ】カリグラフィー作品展 | トップページ | ケルト ミニ絵2点 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

行ってきたのですね(*゚▽゚)ノ
気にはなっていたのですが、なかなか時間がとれませんでした・・・

装飾をされるから、中世の絵とかとても勉強になりそうです。
音声ガイド・・・聞きほれてしまいそうですね♪

お土産もいいですね!!
私も行ってたらきっと散財してしまいそうです(lll゚Д゚)

そうですかー、私はラファエロ展ハズしました(悲)

写本装飾画でも学ぶ機会がありますが
作品上のモチーフに深い宗教的な意味が含まれてたりするので、
その辺を知ると面白さにはまっちゃいます(*^_^*)

ああ、気をつけないと諭吉が諭吉がああ・・・

『貴婦人と一角獣展』は美術番組の特集で観て「あのリルケが好きだったのか!」と心惹かれながらも、行けませんでした。

『ラファエロ展』は行きました!
宝島社から出ているバッグ付きのムック本「ラファエロ」もAmazonで買いまして「大公の聖母」がドーンとプリントされたバッグにウットリですv

ミュージアムショップでは、ついつい散財してしまいますね(^_^)

そっかー、ラファエロお好きなんですね。

美しいshineけどマッチョ度あと一歩、
とぼんやり考えていたら外してしまいましたpunch

亜朗さんはハガレン出費が強力だから、
それ以上散財したらア・カ・ン(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593211/57800196

この記事へのトラックバック一覧です: 一角獣展のおみやげ:

« 【宣伝よいしょ】カリグラフィー作品展 | トップページ | ケルト ミニ絵2点 »

最近の写真

  • Post1707800x600