« 真下からドーン | トップページ | 【宣伝よいしょ】カリグラフィー作品展 »

2013年7月 1日 (月)

「愛されないというのは」

2013_east_of_eden_800x600_3

文字を忘れないための簡単練習。カロリンジャン体で。

「愛されないというのはひどいことよ。この世の中で最悪のことよ。愛されないと、人は意地悪で暴力的で残忍になるわ」

映画「エデンの東」で、主人公キャルに異常に厳しい彼の父親に対して、キャルに惹かれる女の子エイブラが言うセリフ。ジェームス・ディーン演じる感受性豊かな主人公が魅力的で、みずみずしさのあふれる映画でした。

親の愛をうまく受けられないと、どうしても子供は屈折してしまう。キャルの場合はエイブラからあたたかい愛を受けたおかげで、頼れる立派な跡取り息子になっていきます。

キャルでなくても、何らかの表現手段を持つ人というのもまた、幸せだと思います。不幸や屈折を良いものに変えて昇華させる方法が、今目の前にある。

何だか人のお世話に振り回されて、思うように制作時間の取れなかった6月後半でしたsad 不満を栄養にして巻き返しだあぁ!rock

« 真下からドーン | トップページ | 【宣伝よいしょ】カリグラフィー作品展 »

カリグラフィー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593211/57701032

この記事へのトラックバック一覧です: 「愛されないというのは」:

« 真下からドーン | トップページ | 【宣伝よいしょ】カリグラフィー作品展 »

最近の写真

  • Filigreea_1708_726x800
  • B_1603_583x800
  • Od_1603583x800